ED対策に用いられている治療薬を探してみよう

ED症状の身近な対策

男性と女の人

現在日本では、40~70歳の男性の半数以上が何らかのED症状(勃起不全症状)を抱えていると言われています。その種類は様々ですが、大まかに分けると日常生活におけるストレスなどが起因する心因性タイプ、高血圧症や糖尿病などによる器質性があります。深刻な病気に繋がるケースは稀となるため、心配になることはありません。心因性タイプは根底にある不安やストレスの原因などを取り払えば改善に向かいますが、後者の器質性の場合は対策として生活の改善や治療薬の服用などが必要となります。
例えば、生活習慣病で挙げられるメタボリックシンドロームなども、EDに繋がる原因の1つです。勃起を維持させるためには、体内の一酸化炭素が重要となるのですが、メタボリックシンドロームになるとこの一酸化炭素が減少してしまい、うまく勃起することができなくなってしまうことがあります。そのため、自身で出来る身近なED対策としては、メタボリックシンドロームにも効果的な適度な運動や禁酒・禁煙などが挙げられます。ミネラルが多く含まれている牡蠣などの食材を摂ることや、アルギニンなどのサプリメントを摂ることも対策として有効です。自身で対策などを行うことも大切ですが、やはり即効性や費用対効果などを考えてしまうと專門のクリニックでED治療薬の処方を受けるのが一番です。しかし個人輸入などの海外製のジェネリックは粗悪品が多く、また健康への被害なども報告されています。そのため、必ず信頼のおけるクリニックを受診するようにしましょう。